Moliendo Café

演奏はパコ・デ・ルシア

「Moliendo Café」は「コーヒーを挽きながら」という意味で、1958年にベネズエラのアルパ奏者ウーゴ・ブランコ(Hugo Blanco)と彼の叔父の作曲家ホセ・マンソ・ペローニ(Jose Manzo Perroni)の作詞・作曲により作られました。ちなみに日本で広く知られている「昔アラブのえらいお坊さんが…」で始まる、原作とかなりかけ離れたエキゾチックな物語の日本語歌詞は、1961年に中沢清二により書かれ、西田佐知子が歌いヒットとなりました。

Daniel Coug

修行中ですが、これからが楽しみです。出来れば本場で腕を磨いてきて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up