Yesterday

昨日は想像もしていなかったような、突然の “大切な人との別れ” を嘆く様子が描かれています。ポール曰く、この曲は「14歳の時に死別した母親への想い」を書いたものだそうです。
”yesterday once more”は昨日をもう一度というより、昨日のように懐かしく感じられるというニュアンス

“Yester-Me, Yester-YouYesterday“one more tomeは「昨日の僕、昨日の君、昨日よ、もう一度」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です