I Was Born To Love You

2020年10月7日 投稿者: suisenan
このQueen + Adam Lambert version の「I Was Born To Love You」 は、2014年8月17日日曜日に東京のマリンスタジアムで行われた、日本最大のロックフェスティバルであるサマーソニックでの演奏。

 新型コロナウイルスによるパンデミックは、慣れてきた所為か、当初のような恐怖感は少しづつ解消されつつある。トランプが感染しても誰も驚かないもんね。しかし、依然として収束の目途はたっておらず、ライヴをやることも、観ることも、人と接することさえ制限されている。世界中の人たちがこの10か月間、“生きる”ということに向き合ってきた。疲れも出ている。連日報道される感染者数にため息をつき、第2波が始まったと言われるヨーロッパや減少の目処が見えないアメリカなど、日本だけでなく世界の報道を見ながら不安は募るばかり。それでも生きていかなくてはいけない我々は、今後コロナとどう向き合っていけばいいのか、まさに模索している時だと言っていいだろう。そんな中、クイーン+アダム・ランバートとしての初のライブ・アルバム『Live Around The World』が10月2日に発売開始されたのは、Qeensファンならずとも音楽ファンにとって凄く嬉しい。名曲が時代を超えて聴き続けられるのは何よりも嬉しい。

 先日、世界配信によるアルバム発売記念の記者会見が行われたが、「世界を回ってみて、食べ物が美味しい国は?」の質問には「Tokyo」と答えてくれたり、「“I Was Born To Love You”のような日本でヒットした曲もある〜」など、メンバーの言葉の端々に日本の話が出てくるなど、ライブ・アルバム『Live Around The World』にサマソニでの「I Was Born To Love You」が収録されているのは、そんな日本への思いからかもしれない。

Q&A for ‘Live Around The World’ with Brian May, Roger Taylor, Adam Lambert