日はまた昇る

海鳴りの聞こえる丘で青空を見上げて想う
この旅の途上で愛した人の懐かしい面影を
今日まで何度も厄介な事に見舞われて来たけれど
今もこうして暮らしてる
これからも生きてゆけるさ

夕日が空を染めてゆく
明日の朝も日はまた昇る
おれがここにいるかぎり
おれがそこにいようといまいと
激しい河の流れを静かに見つめて
闇の向こうに何があるのか
誰ひとりわからない
わからぬことをわずらうよりも
今日この時を生きていたい

河を渡り 谷間をぬって 頂きを越えて
長い旅路の色んな場所で数えきれぬ人に出会う
誰もが皆 自分の人生と闘っている
荒野にひとり君は立ってる
行く道は幾つもある
だけど たどりつくべき場所は きっとただひとつだけ
どの道を歩いて行こうと
君は君の その人生を受け入れて楽しむ他ない
最後には笑えるように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です