桜散る

 昨日(3月20日)喜寿を迎えたばかりだが、散る桜と人の命のはかなさをどうしても重ね合わせてしまう。そして、煉獄杏寿郎の言葉を思い出した「老いることも死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ。老いるからこそ、死ぬからこそ堪らなく愛しく尊いのだ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up