マイルス・コロナに感染した

マイルスを聴き始めると、ほかの曲は受け付けなくなる。つまりマイルス病です。この病気は、今のところワクチンがないため、免疫が全然、効きません。おそらく、下掲のアルバム曲( Concierto De Aranjuez、Will O’ The Wisp、The Pan Piper、Saeta、Solea)を聞いたら、ジャズファンならずとも、感染してしまうでしょう。下手すると重症化の惧れもありますよ。でも、ご安心ください。死ぬことはないから。

Sketches Of Spain

 1960年発表のこのアルバムは, 作編曲家 Gil Evansとマイルスがコンビを組んで発表した4部作の中で最高傑作の呼び声の高い作品です。

 タイトルの通りスペイン音楽の要素を取り入れた作品になっていて, オーケストラをバックにマイルスのトランペットをフィーチャーするスタイルになっています。

 喜びの裏にある悲しみを同時に表現するようなスペイン音楽の二面性をマイルスは見事に表現しきっていて, このアルバムを単なる”スペイン音楽集”よりも遥かに高いレベルへ昇華しています。

 特に冒頭16分におよぶ大曲の「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」は世界観の壮大さ, サウンドの美しさ, アレンジのドラマチックさで晴らしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です